our websites

日本

日本はヴァレオグループの戦略的な拠点として、日本と世界向けの日系自動車メーカー向けの研究開発、製造、営業開発を担っています。

日本におけるヴァレオ:

ヴァレオの日本における歩みは、1985年末の日本法人設立から始まりました。世界的な自動車メーカー各社が本拠地を構える日本は、ヴァレオグループにとって大変重要な国であり、多くの生産拠点と研究開発センターを構え、有能な従業員を擁しています。

現在、日本では、ヴァレオジャパン、ヴァレオカペックジャパン、市光工業の3社が事業を展開しています。

採用:

ヴァレオでは、倫理、透明性、権限移譲、プロ意識、チームワークを大切にする職場作りに務めています。当社では従業員の皆さんと働きやすさを大切にしており、これらの価値観によって互いに尊重するオープンな職場になると確信しています。私たちは明日の自動車のための技術を開発しています。あなたも一緒にご自身のキャリアを開発しませんか?

主な数字:

0

名の従業員

0

カ所の工場

0

カ所のR&Dセンター

日本における事業:

ヴァレオの全ビジネスグループが日本に拠点を構え、CO2排出量の削減に貢献し、自動運転の技術を開発し、車をよりスマートにする革新的なソリューションを提供しています。

江南サイトは、ヴァレオのサーマルシステムビジネスグループにおいて製造と研究開発の重要な拠点です。高温と低温を再現できる風洞を備えており、画期的な空調システムを開発しています。また、江南のR&Dチームは、独自のエアクオリティ製品を開発し、車室内を快適にするウェルビーイングソリューションを搭載したテストカーを制作しました。

つくばテクノセンターは、日本におけるヴァレオのコンフォート&ドライビングアシスタンスシステムビジネスグループの中心的な拠点として自動運転技術の開発を担っています。つくばのヴァレオチームがセットアップしたヴァレオのテストカーは、2018年10月に自動運転による日本一周「ハンズオフジャパンツアー」を完走しました。

パワートレインシステムビジネスグループは、厚木に生産と開発の拠点を構えており、2016年5月にヴァレオとして初めてトルクコンバーターの製造を始めました。今、日本のチームは電動化にも取り組んでおり、群馬大学と共同で48Vの4WD EVのテストカーを共同で制作しました。

ビジビリティシステムビジネスグループの一員である市光工業は、最新の技術を搭載した自動車用ランプとミラーの日本の自動車メーカーに提供しています。市光はオールインワン標準型LEDユニットMonoLEDを開発し、2016年にPACEアワードを受賞しました。また、2019年6月には厚木製造所を竣工しました。

Welcome to the Valeo Group

Please select another website